行政書士法人コネクト TEL 0776-97-8152 FAX 0776-97-8153
〒910-0005
福井県福井市大手三丁目7番1号 福井県繊協ビル3階310号室

お問い合わせ サイトマップ 個人情報保護方針
指定障害福祉サービスの開業・運営支援のことなら行政書士法人コネクト。ご相談は無料です。福井、滋賀をはじめ全国対応いたします。

自賠責保険とは?

そもそも自賠責保険って?

自賠責保険の正式名称は「自動車損害賠償責任保険」といいます。
「自動車損害賠償保障法」という法律により、
自動車や原付バイク(原動機付自転車)を公道で走る際、必ず加入しなくてはならない保険です。
もし、あなたが交通事故の被害者になった際、加害者の自賠責保険が適用され、支払保険金が支払われます。

適用には「事前認定」「被害者請求」の2パターンあります。

「事前認定」と「被害者請求」とは?

「事前認定」とは、加害者側の保険会社がすべての申請手続きを行います。
被害者が行うことは、医師が作成した後遺障害診断書など必要書類を加害者側の保険会社に送るだけです。
交通事故による怪我で、日常生活ですら満足に動けない状況で損害賠償金請求をすべてやってもらうというのは、
たいへん楽です。

しかし逆の言い方をすると、「事前認定」は、加害者の保険会社に手続きの丸投げをすることになります。
他人の目から判断しにくい後遺障害だと、適正な等級を得るのは難しい場合があります。
また、損害賠償金の支払いは示談成立が条件となっていることにも注意しなくてはなりません。
認定された等級が満足いかないもので、示談を成立させたくないと考えると、
損害賠償金は一切支払われないのです。

「被害者請求」とは、交通事故証明書などから加害者が加入している自賠責保険の会社を調べ、
そこに直接請求を行うことです。

医師が発行する「後遺障害診断書」などを準備するまでは事前認定と同じですが、
そこから、必要な書類を揃え、等級を審査する自賠責損害調査事務所に提出するところまで
すべて被害者が行います。

つまり、被害者側が自ら書類や資料を揃えなければならず、かなり大変です。
その分、適正な等級を得られる可能性は高いです。

「事前認定」と「被害者請求」のメリット・デメリット
事前認定 被害者請求
メリット 手続きは必要書類を保険会社に送付するのみなので簡単 自分の後遺障害に適正な等級を
得られる可能性が高くなる
デメリット 自分の後遺障害に適正な等級を得られない可能性がある 手続きをすべて自分でしなくてはならないため、非常に手間がかかる
等級認定の原則

等級認定の原則は、文書や書類に書かれたことのみで認定が行われることです。
「事前認定」でも「被害者請求」でも、提出する書類が同じであれば、同じ結果しかでません。
また、「提出された書面」にないものは、原則として審査の対象になりません
これを「書面主義」といいます。
「被害者請求」の場合、請求者である被害者が自分で文書・書類を集めることができるため、
「事前認定」より多くの証拠・書類を提出することが出来ます。
しかし、その書類の作成は非常に難しいです。

なら、どうしたらいい?

行政書士は書面作成のプロです。

被害者ひとりでは困難で大変な被害者請求の書類作成は、
私ども行政書士法人コネクトにお任せてください。

TOPページに戻る